Archive for スキンケア

スキンケア

まさか、おしぼりで顔を拭いていませんよね?
合成洗剤が多く含まれていて
皮膚は非常にダメージを受けます
濡れティッシュも同様です

色んな所で気を使っている人が・・・
一瞬で傷めてしまう可能性があるんです

思わず、おしぼりで顔を拭いてしまうくせがあるならば
今すぐやめましょう
おしぼりで手を拭いた後 なんとなくかさつく気がしませんか
椿油を持ち歩いているのであとでつけておきますが

”椿油は人間の被子に近くつけたときは油でも
ほかの油やクリームのように水で洗ったときにぬるぬるすることはないのです
そして食べれるものですから何をするにも 安全”

ごく短期的にはスッキリしても
結果的に肌はボロボロとなります

また、奥様が
赤ちゃんのおしりふき使用していたら
”濡れおしりふき、使うと、肌が赤くなりやすいんだって”
と優しく、やめるように提案してみましょう
私は自分の子供たちには使いませんでした
というよりなかった時代なので
コットンにぬるま湯を含ませて水気を垂らすようにして
軽くふく
これで赤ちゃんのおしりは安全にさっぱり
特にうんちの時
今はよい紙おむつができほとんどの方は紙おむつだと思いますが
お湯をかけることができますね

まさか、入浴中に洗髪しながら、
そのついでにシャンプーで顔など
洗っていませんよね

シャンプーには合成界面活性剤が多く含まれ
皮膚の構造が着実に壊されます

もちろんシャンプーにはよいものもあります
椿のシャンプー全身洗えますし
アトピー肌の方に使うシャンプーも顔洗ってもよいのです
が、普通のショップではあまりおいてないですね
そして 極端に安いわけではなく
それなりの 適正価格です

まさか、寒いからといって
熱いお湯で顔をゴシゴシ洗っていませんよね

お湯で保湿成分が流されます
鍋を洗うときに、お湯を使用すると
よく汚れが落ちますよね

同じことで、顔の皮脂は
あっという間に流されます
流されすぎるわけです

顔パック悪くはないでしょうが
結果的に毛穴は広がります

一時的に、毛穴にはいっている角栓は
除去されますが、そのままでは
炎症を起こしやすくなり
再度、詰まりやすくなります

無添加の石鹸でゴシゴシこすらず
ぬるめのお湯で洗顔してみましょう
良いクレンジングはそっと洗うだけで
化粧も落ちますよ

特に肌の弱い方は手と肌の間にそっと泡を置くような洗い方に

最後に皮膚の健康は皮膚の栄養補給から
食養生です!!

熱中症はこう防ぐ

気温が上がって 熱中症ブーム

昔も暑い時はあった

でも最近のようなことはないだろう

熱中症で倒れる原因は

血液中の水分が 汗でなくなることによる

できるだけ 汗をかかない程度の飲み方にする必要がある

なのに 巷では水分補給 水分補給の掛け声

切れでは熱中症患者が増えるのは当たり前だろう

以前 70代女性 体調不良で漢方を処方

元気になり しばらく音沙汰がなかったところ

去年のことです

電話があって

内容は 熱中症で倒れたということ

理由は 例年はあまり水分は飲まず、クーラーも入れることをせず

健康に過ごしていたのですが 子どもたちが心配して

水を飲むように クーラーを入れるように再三言われたので

やむなく 言うとおりにしたところ 倒れたとのこと

今まで通り 水を控えめ 飲むにしても温かいもの

梅干しをしっかり食べて また クーラーを入れない生活にしました

やっぱり 先生の言うとおりが一番良いですね

というお電話でした

このところラジオでも話をしているのですが

スタッフたちにも食養生を説いてきました

水気を控えて 良い塩気をとっていると

皆体調が良いと言ってくれます

実践で 体で感じてください

日中流 食養生です

と言っても食生活の基本ですが

熱中症から守る食材

水気を飲むなら三養茶

塩気は苦りやゴールド海の精

糖分の補給は アカシアゴールドはちみつ

筋肉を守る酸味は梅玄米酢が使いやすい

朝はきちんと味噌汁を

玄米味噌が美味しいと評判

生命のもと・・・しょっぱくない・・・を水に溶いて

ご飯に炊き込む

こんな感じで熱中症守れます

必要なかたは  うえんだん元気倶楽部で