Archive for 2015年4月13日

西洋医学と東洋医学

私は東洋医学によってあなたのからだを改善するという仕事をしています。
きょうは西洋医学と東洋医学の得意不得意について思うことを書かせていただきます。

第2次大戦以後 急速に外科的な医学が進歩し、
これにより救命率は飛躍的に上がりました。

命にかかわるような複雑な骨折や断裂などの大けが…
そういったものには現代医学がとても優れています。

ただ、そこに東洋医学を上手に取り入れることで、
より素晴らしい結果を得られるのではないかと考えてしまう症例もあります。

たとえば、意識の有無に関しての救命救急に、
たとえば、手術するとしても出血が少なくなるように、
たとえば、早く回復できるように・後遺症が少なくなるように・痛みの改善に…

 

内科的な分野は東洋医学が進んでいると考えています。
むしろ、内科領域で使う内服薬は漢方処方が一番ではないでしょうか。

考えてもみてください。
漢方には2000年という長きにわたり
人体に施されてきた処方の詳細や経験が
膨大なデータとして残っているのですよ。
2000年以上におよぶ歴史を踏まえているからこそ、
さまざまな方の体を整えていくことに適応できているのです。

近年になり、科学的に漢方薬の中身の分析をして
原典にある条文が正しいことを証明してきていますね。

しかしながら、
漢方薬の科学的な分析データや研究結果があなたの体を
健康にしてくれるわけではありません。
あなたの体を健康な体にするために大切なのは、
正しい東洋医学の知識や経験です。

あなたの健康な体と心のために、
普段の生活の中で東洋医学の考えをうまく取り入れて
重篤な病気にならない手段のひとつに漢方を選んでくださいね。
生薬ひとつひとつ、それぞれが食べ物の中の最高級品なのですから。

漢方の力は大きいのです

 

詳しくは『漢方ことはじめ』に