Archive for 2014年10月22日

原因不明

原因不明といわれる病気

更年期障害で済まされてしまう病気

検査をしても何も出てこない病気

病名だけつけられて 薬を飲めど

改善できない病気

なまけ病でしょうと言われてしまう病気

そのようなことで悩んでいませんか

物事には必ず原因と結果があります

日本のガラパゴス東洋医学

漢方の理論では解決できるのです

ボケたかなっと思ったら

「寝たきりにはなりたくない」

「認知症にはなりたくない」

だれでも思うこと。

試しに癌になってみたいと思いますか?

【病上手の死にっぺた】…自分が弱いと思っていると守りに入るので細々生きていける

「風邪も引かない・丈夫だ」と思っている人

「あんな丈夫な人が・・・」とならないためにどこかで守りも必要です。

寝たきりになる・入院すると

保険に入っている人は短期間ならよいかもしれないが

今日のように寝たきり平均8~10年などとなると・・・

「将来の入所費用を稼ぐため」に働く若いひとたちもでてきているもよう。

 

自分の体を守ることは簡単です。

ほんのちょっとの注意をはらうだけです。

嗜好品に使うつもりで ちょっとだけ体が喜ぶものを食べたらよいのです。

これからその話をしていきます。

Q&A 相談事例 01

ここでは お客様の質問や事例を挙げていきます。

Q:漢方薬に副作用はありますか

A:  漢方薬は現代医学のように病名によってこの薬を使うというようにはなっていなのです。たとえば頭が痛いと   いうとき もしその頭痛が頭をどこかにぶ つけていたいのならその時の炎症をとる処方になりますし 寒くて   風邪ひきそうで頭が痛いのなら葛根湯のように寒気に使う漢方薬を使います。また 寒 くて手足がものすごく   冷たくなって胃も気持ち悪く頭が痛い時には胃を温め冷えをとってあたためて血液を流せるような処方にしま   す。このように その時々で身体に合わせて行くので副作用という概念はないのですが 間違えた処方の漢方薬   を飲んでしまった場合には何らかのトラブルが起こることが あります。
漢方薬の処方が間違っていたり 身体に合わせるときに 生薬が足りなかったりすることがあります。
よく メンゲンと言われますが 治るときに ちょっとした反応・・皮膚病などでは出やすいのですが・・大   事な処方は合っていても全体のバラン スを取っていないときに病状が一時ひどくなることがあります。               西洋薬でいう 副作用とは違いますが 合わない事はありま す。

処方とは
漢方薬は いろいろな薬草(生薬といいます)をあわせて体の歪みを修正するように組み立てられています。
生薬には薬味・薬性と言ってその働きが解っています。
Q:漢方薬を合わせるということは どういうことですか

A: 漢方薬は病名で合わせるのではなく その方が今どのような症状を起こしているのか その原因はどこにある   のかを把握し、処方を組み立てます。
そのうえで その方にピッタリ、過不足なく処方するのです。
過不足がなければ メンゲンは起こしません。
我が師匠は メンゲンはできるだけ起こしてはならない、そのために漢方を教えているのだ と
常々 おっしゃっていました。
よく 心臓が弱っているから だから ・・・のような症状がでるというような言い方をしますが漢方では    その前の なぜ 心臓が弱ったのかが問題となります。

物事には 必ず原因があって 結果があるのです。

Q:漢方薬に 病名などが書いてあるのは?

A: 西洋薬と同じように病名を書くことがキメラていますので そうなっています。
漢方薬の原典にある本来の使い方はもっと多岐に渡っています。

Q:ダイエットのつもりで 防風通聖散を飲んだら 胃の調子が悪くなったのですが

A: 肥満だから 防風通聖散を飲むということは 間違いです。
防風通聖散を飲んで良い体なのかを見極めなければいけません。
防風通聖散が合うとしても それだけでは不足ということもあります。
そういう方は胃の具合が悪くなったり、気持が悪くなる場合もあります。
漢方薬は 肥満の原因に合わせなくてはいけません。

Q:どのような漢方薬を飲んだらよいですか

A: 当店では防風通聖散を飲んでいただく方は そう 多くありません。
まして、日本人は身体に水の停滞が多いので まず水の代謝ができる処方を組み合わせて服用していただきま   すとトラブルは起こしにくくなります。
防風通聖散をどうしても飲みたい時は 水剤・・朮、茯苓、などを含む処方やヨクイニンなど・・
ヨクイニンは三養茶と言ってエキスになったものがありお茶として飲めるのですが・・これでで飲んでいただ   いたりします。
さらに胃腸の機能が弱いようでしたら 脾胃剤(胃腸に働く生薬)の甘草や大棗(タイソウ)などを加えた処   方を併服します
血証と言って 血液や循環器 血液の中身に異変があればそちらを優先したり または処方をあわせてトラブ   ルが起きないようにします。
処方は何種類もあります。食生活や生活習慣とも関係していますのでそのあたりの改善も図っています。

Q:漢方薬はどのようにして選ぶのですか

A: 体の状態をいろいろお聞きして 歪みを正常にするように合わせていきます。
生薬の働く場所があります。その薬味薬性をとらえて 体に合わせます。
現在の薬に書かれている能書では判断できない事柄があります。
胃腸が弱ければ 守りながら今早く治したいことを処理していきます。

Q:副作用とはどのようなものですか

A: 漢方薬に副作用という言い方は語弊があるかもしれません。
冷えている人が 冷やす漢方薬を飲めば具合が悪くなりますし、熱のある人が温める漢方薬を飲めばさらに悪   化します。
よく宣伝されている漢方薬も宣伝文句にあてはまる方すべてに良いわけではありません。
特に 最近ではダイエットと称して防風通聖散を飲み 体に合わないと言ってこられる方が増えています。
もともと 胃腸が丈夫で大食漢で 食べすぎと運動不足で太っている方に適しています。
食欲は普通以下という方向きではありません。
自分に合うのか合わないのか よくお聞きになって選んでもらってください。

Q:声が出なくなったけれど どうしたら まだ鼻水も少し出ます

A: 14,15 と19を交互に服用 今日 明日楽になっていたら回数減
この質問は常備薬としての漢方薬を持っている方からの質問でした。

Q:子供3歳だけれど 先生のように将来漢方でみんなを助ける仕事をさせたい
どうしたらよいですか。 漢方薬が 早く聞くのでびっくりです。子供の心配がなくなりました。

A: ありがたい言葉です
資格としては 薬剤師、登録販売者、医師になること
漢方の勉強は学校を出てからが本格的になります。良い研究会と出会うこと
現在の私の研究会が 本当の漢方処方を学べるのでお薦めですが お子さんが成人するころはどうなっ      ているのでしょうか。伝えていきたいのですが 私にも解りません。  でも 残したいです。
A:中国に 留学するのは?

漢方は日本独自に発達。一番進んでいます。
漢方の歴史参照

Q: 喉が痛いのですが?

A:  つばを飲むのも痛いくらい?いつから?

Q: 昨日から。6番でいいですか?

A:  14、6 それとミズキでうがいをしてください。

うがいの方法は 1回に口に含む量は5cc 位で喉の奥の方でコロコロするよう     な感じに。
ササヘルスもお湯割りでゆっくり飲んでください。
今日は お風呂は入らずに早く寝てくださいね。
足は暖めてください

喉の痛みの漢方薬には時期によって 時間経過などで対応があります。
化膿しているような状態の時には 排膿散やケイボウハイドクサンなどを使います。
ちなみに6番は黄連解毒湯  各種炎症に使います。
家庭常備薬として 持つと良い処方の一つです。

Q: 医薬品・サプリメントと漢方の違いを教えてください。

A:  漢方薬も医薬品ですが ここでは西洋薬 と区別してお話します。
医薬品とは さまざまな治験例を持ち 再現性があり 再現性とは効果がきちんとあるもの
石油石炭からの合成物 または単一成分抽出物が言われます。
漢方薬および効果 再現性がある自然薬も医薬品です。
サプリメントは 食品に属し単一成分を取り出したものや全体を使ったものなどです。
栄養補助食品と言ったり、養生食品、健康食品、自然食品など呼び方は様々です。
漢方薬は4000年の歴史を持ち長い間の経験とともに組み立てられた処方という構成された形になっていま   す。それぞれ働きがきちんとしています。
対して 民間薬と呼ばれるものは日本に古くからあり、身近な草木で治療をしてきたものです。

Q:  漢方と食養生の具体的な組み合わせを教えてください

A:  漢方薬は異変があったときに治すため 体の歪みを早く修正するために使います。
漢方薬は原料ではないので 適切な人体を構成する原料(食事)を素早く摂取するための方法が食養生です。

Q: 漢方薬は、体調に合わせその人用に調整するので2週間で効かなかったら処方があってないと聞いたこともあり  ます。
また、一方で漢方薬は長く飲まないと効かないと言う人もいます。
どちらが本当なのでしょうか?

A: 漢方薬が効くのは早いです。今 風邪をひいたのなら すぐに飲めば1服で治ります。
胃腸のカゼ 最近はウィルスの特定ができるのでノロやロタなどと言われますが 漢方的には吐き下しのカゼ
これも 胃があるのを感じたらすぐに飲めば1~2服で良くなります。
亡憂湯というものがあります。これはすぐの状態を解除できるのです。1発勝負の処方です。
一方 何年もかかって悪くしてきたものは1日では無理ですね。悪くしてきた時間を後戻りさせるくらいの時間  が必要です。たとえば がんは10年が かりで目に見えるようになります。見えるようになれば 倍々ゲームで  す。まず ストップをかけるのに最低3カ月 その後は後戻りしていくのです。10 年は守りたいですね。
漢方薬があっているかどうかについては慢性疾患でもその後しばらく飲まなくてはならない時でも いいなっと  感じるのは7日も飲めば解ります。

Q: 漢方においても、飲み合わせを注意すべきでしょうか?

A: 漢方の飲み合わせは考えられません。
というのは 漢方はその方に合わせるので あわせるために数種類の約法を組み合わせることもあります。

Q: 葛根湯について

A:  一般的に知られているものです。肩こりによくつかわれます。 葛根湯を飲んではいけない時は汗をかいている  ときです。胃腸の機能が弱っていたり、せ きをしていて汗をかいているときなどは肺炎を起こしてしまうことも  あります。漢方薬の飲み方は できれば空腹時のほうが効きます。
葛根湯を空腹時に服用して胃腸の具合が悪くなるようなら 肩こりの原因は胃腸の疲れからということも考えら  れます。胃腸に働く漢方薬を加えるか もっと根本的な要因を探って 漢方薬を合わせたほうが体は軽くなると  考えられます。

Q: 漢方薬と西洋医学の薬って、やっぱり相性はあわないのでしょうか?
または、うまい使い分けがあるのでしょうか?

A: 体を健康に保つためにはあまり負担をかけるものは口に入れないほうが良いと考えますが、現在はすべてを漢方  薬で治していこうという考えを持つ方はまだまだ少ないです。
まだ 肝臓も腎臓もしっかりしている方は 西洋薬の解毒はできます。
服用時間を変えれば 特に問題がないことも多いです。
私の薬局来店される方は 西洋薬が合わなかったり、治らなかったりということで漢方薬で治すという考え方の  方が多いです。たまたまの時は西洋薬もよいと思いますが 慢性的な状態には漢方薬のほうが体を壊さなくてよ  いと思います。

Q: 昔ながらというイメージがありますが、現在の医学が進歩している中で、新しい漢方はできているの
か?それとも昔のものが使われているだけなのか?知りたいです。薬としてではなく、食事の中に取り
込むことはできないでしょうか?

A: 私自身漢方薬にめぐり合うまで 薬局にも縁がなく今なぜkの仕事をしているのかなと思うくらいです。
本格的に漢方に縁が付く前に 私自身肝臓を壊し、現代医学のほうからの見立てで 仕事辞めないと一生働けな  るよなどと脅かされました。漢方の師匠  渡邉先生のおかげで今があります。スポーツ大好き人間ですので 怪  我もよくして、筋膜ヘルニア窓という変わった状態にもなり 警察病院の外科にもお 世話になったこともありま  す。
現代医学で劇的に進歩したものは 外科的な分野です。戦後目を見張るほどの進歩です。ところが内科分野は漢  方の治療経験には到底追いついていません。毎年 毎年 新薬ができてくるのですが 副作用情報も現在
集めているところで 使用した結果使われなくなる薬もあります。新薬の歴史は明治から数えても たかだか   100年です。病気の成り立ちなど 漢方の原典には素晴らしい情報がいっぱいです。

Q: 自分は血糖値が高めなのですが無理なく続けられる漢方を知りたいです。

A:  血糖を調節する臓器に膵臓がありますが この臓器 胃袋の後ろにスライスした肉のように張り付いているので  す。胃袋の中身で調節する サーモスタッ トのような役割をしています。胃袋が冷えすぎたり 水ものでじゃぶ  じゃぶすると膵臓は忙しくなります。疲れて インシュリンという血糖を調節する物質 が出にくくなると血糖値  が上がります。まずは 食養生として 胃袋を冷やさない 水物を入れすぎない 冷えたら温める…スパイスのす  すめ・・水も のは早く処理する・・腎臓からおしっこで出す。おしっこで出すためにはミネラル(塩気)が必要  なのです。
水気は腸で吸収して腎臓に運ばれるので 腸の力を助ける食べ物 酵素の多い食べもをを摂ってください。お勧  めは酵素たっぷりの 繊維を除去した 熱を加えていないオオムギ若葉やすピルリナなど
漢方薬は臓器を守れるもの 初期ののどが渇いてがぶ飲みする時代は処方では白虎加人参湯などを使いますがそ  の後はその方がどういう状態になっていくのかで変わっていきます。糖尿病にこの漢方というようにはなってい  ないのです。

今後 渡辺 武先生著 間違い漢方薬を載せていきます。
メルマガ登録は こちらから

ご質問などコメントいただけたら 回答していきたいと考えています。

Q&A 子宝 婦人科疾患

こんにちは赤ちゃん

あるお客様から頂いた喜びのメールを載せます。

『  ひこばえ薬局 堀先生へ   ご無沙汰しております。いつもお世話になっております。   本日お薬届きました。ありがとうございました。   息子が誕生して5ヶ月が経ちました。やっと赤ちゃんのお世話にも慣れてきたところです。   近頃は寝返りをうち、笑いかけると笑顔でかえしてくれます(^^)   ふりかえると6回の人工授精に失敗し、精神的にも疲れてしまっていましたが、   体外受精を踏みとどまり、先生のところにお世話になって本当によかったです。   妊娠中にもつわりに効く漢方薬など処方していただき本当に助かりました。   結婚6年目にして我が子をこの手に抱くことができました。   今はこの子が健康にすくすく育ってくれることを祈る日々です。   先生をはじめ薬局のみなさま本当にありがとうございました。   息子の写真添付させていただきます。   薬局へ通われる皆様と同じことで悩んでいらっしゃる方々の励みになればと思い   メールさせていただきました。   また何かありましたらよろしくお願いいたします。  』

このメールは是非多くの方に伝えてほしいと 送ってくださったものです。

 

(焼 津市 Kさん) 3回の体外受精を経験した方 4回目を受けようか悩んでいた時に紹介を受けて本当に良かったです。(佐賀) 2人目の子供がなかなかできず、ホルモン療法を受けていたところ体調が悪く続けたくないときに紹介を受け漢方薬を飲み始めて3カ月めで妊娠しました。色々 な方から喜びの声があります。

Q:現在42歳ですが妊娠できますか?

A:  まず卵子は生まれたときに約400万個持ってきます。

生理が始まって毎月排卵していき40前後ではだいぶ減っています。

この1個の卵子を排卵するために半年とも1年ともいわれますがまず1000個ぐらいを選び育て上げ最終的   に1個を排卵します。

良質の卵子を育てることが大切です。

42歳でも妊娠できた方もいらっしゃいますし すでに卵子が育たない状態の方もいるようです。

1から3年程の長期戦で卵子を育てる覚悟が必要です。
畑と同じで 耕し肥料を与えて土作りをして初めて良い作物が育つ環境が整います。
栄養のない硬い土のところでは 作物が育つようになるまでに数年かかる土地もあります。
畑が肥えたら 今度はしっかりした芽の出る良い種を植え付けます。
同じ種類の種でも 良いもの悪いものありますね。芽の出ない種もあります。
良い 種作りも大切です。
良い種と 畑があって初めて 病気にも強いおいしい作物が取れます。

現在の社会では 男性も疲れています。夫婦ともども元気になることが肝心です。

 

基礎体温

良い畑は適度に肥えていて、土の温度も生育に適している。

受精卵子が育つには 低体温ではダメ

誰も冷たいせんべい布団には寝たくないでしょう